読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生のお話しとは....

入院9日目

 

今日の先生からのお話に間に合うように、早めの支度をしていると.....

案の定、娘があーだこーだと私に絡み出していた。

私「もう時間に遅れちゃうから、お支度の邪魔しないでください!」

娘「どうしても、私を連れて行ってくれないのね~、じゃあ、大きい声で泣くからね~」

私「どうぞ、どうぞ。泣いても行くの!何と言われてもダメ。」

娘「うぇ~ん」

本当に大きな声で泣きだしたが、パパがその声に起きて来た音を聞いて、ピタリと泣くのを止めて、袖で涙を拭いてた。

 

そんなこんなで、待ち合わせ時間ギリギリに病室に到着。

母は、会うたびに入院前の母に戻っていく気がしていて安心できた。

 

母「靴下持ってきてくれた?」

私「何のこと?留守電入れたの?ごめん聞いてない!」

母「あら残念。しょうがない、売店で買う。」

 

そんな話をしていると看護婦さんから先生から画像を見ながら説明するのでこちらにいらしてください。

とナースステーションに通された。

 

隣では、婦長さんなのか?電話でお金の事をいろいろと話していた。

グッドニュースではなさそうな声で話しているので、少し気になった。

先生は、いつもの事のように、何も気にせず淡々と話し始めた。

 

まずは、母にMRIの画像を始めてみますね!と言い、最初の画像から説明してくれた。

そして、1日目、2日目....と日にちごとの画像を見せてくれ、やはり、入院して24時間以内に数か所、少量の脳出血が起きていて、今は、吸収され?以上はありません。みたいな話をしていた。そして、ワーファリンという薬の不安定さを説明して、新薬に変えてみたいと思う。その薬は高額な薬だが、とても扱いやすく定期的に血液検査をする必要がないとか..説明をしてくれた。でも、金額を聞くとワーファリンの50倍の値段だった。75歳過ぎの母は後期高齢者医療書なので、年金でも払っていけそうな金額なので、そちらの薬に変えてもらうことになった。

そして、退院計画としては、来週リハビリの先生とも話し合うが、おそらく、退院後すぐに自宅に戻ることは難しく、他のリハビリ病院に転院してからになると思う。という説明を受けて、母と顔を見合わせて、二人でびっくり顔になった。そして、転院するとしたら、どのくらいですか?と聞くと、病院を探して、その病院のベッドの空きがでてからなので、なんとも言えません。とのことだった。

 

結果、先生の話は、薬が変わること、入院はもうしばらくかかりそうなこと。ということだ。先生との話が終わり、母とまだまだ入院だね!でもしょうがないか?みたいな軽い会話をして自宅に戻った。

 

帰りに病院の玄関まで送るわと母が玄関まで来て、少し外の空気が吸いたいと、一歩外に出て、

母「寒いね!でも気持ちがいい!」

 

少し、ほんの少しだけ、戻りたくない感じがでていた。

 

元気なうちに家族と思い出いかがですか?

 楽天トラベル

 

明日は何のお話かなぁ....?

入院8日目

 

先週の今頃は、病院のICUに居たくらいだろう。

 

一週間はあっという間だけど、長いような短いような感じ。

 

今日の母は、少し元気が無い。

頭のリハビリがある日は、少し落ち込むらしい.....

あまり出来ないからと本人はため息。

 

明日は先生からのお話がある。

何の話なのか、私も少しドキドキ、母も少しドキドキ。

素直な娘は、気持ちをすぐに口にする。

私「ママ明日ばあばの先生からお話があるから一人で病院行くからね。」

娘「私も行く!」

私「大事な大人のお話だから、一緒には行けないよ!」

娘「え~、私もお話聞きたい!」

私「大人の話にすぐ入ろうとするからだめ。」

娘「先生、何の話をするのかなぁ?ドキドキする~。」

私「ママだってドキドキなんだから、パパとお家でお留守番よ!」

娘「早く帰ってきて何の話だったか教えてよ!じゃないと、ずっとドキドキ止まらないからね!」

私「.....」

 

まったく持って、娘の言う通り。

ママもばぁばも、何の話かドキドキです。

 

結果が良くて、早々に退院の予定?

一週間たったので、経過報告とこれからの治療方針?

実は他に病気が見つかった?

それが、痴呆症だった?

 

とか色々と頭がグルグル。

 

どうのこうのと明日になったらわかること。

 

そうそう、お友達の看護婦さんが、入院費どれくらいかかるのか?

聞いてみたら、75歳以上の高齢者は、年金で払えるくらいだよ!って

え~!それってどれくらいなのよ~!!それは病院によって違うらしい。

 

もしも、母に後遺症があって、一人で身の回りの事ができなくなったとしたら?

私は、同居はできない。

そんな人結構いると思う。

介護保険だって、今まで他人事だったから、母が病院に入院している間に、病院の相談員さんに色々聞いてみよう!

 

そして、このブログで報告しよう!

 

保険見直し  

 

リハビリ

入院6日目

 

 

今日は娘の習い事の日なので、母とは電話でお話。

 

体調は、変わりばいなく普通!

今日は、リハビリで数字のトレーニングをしたらしい。

下記は母と私の電話での会話。

私「今日のリハビリは何したの?」

母「数字のいろいろ....」

私「生年月日を言うとか?」

母「違う違う、そんなのしない!」

私「じゃあ、足し算とか?」

母「足し算もしないよ!」

私「...それで、できたの?」

母「あんまり....」

私「倒れる前からできなかったんじゃないの?(笑)」

母「そうかも....(笑)」

 

 

そして、電話を切る。

 

たわいもない少しの会話。

でも、母が以前のように笑っているので、今日は良い日。☺

 

昨日、母も使っている尿とりパッド

>【ライフリーさわやかパッドスリム長時間・夜でも安心用12枚】尿モレ 軽失禁 ちょいモレ ムレニクイ 消臭 パッド 安心

価格:610円
(2017/2/22 18:17時点)
感想(0件)

 

 

脳梗塞発症から4.5時間以内に使える薬.....アルテプラーゼ。

入院5日目

 

今日は、一人でシャワーを浴びたらしい。

もうトイレにも一人で歩いて行けて、売店で好きなものを選んで買う。

普通に書いていると、脳梗塞で入院5日目とは思えない普通の人ぶり!

搬送された直後は、見当識障害、右半側空間無視などと言われたが...

 

母はやっぱり、疲れていたのだ。

お金の事、これからの事、周りの事、などなど....

入院してから、以前より顔つきが穏やかになったかもしれないと思った。

 

不安は以前よりも強いかもかもしれない。でも、病院に入院したことで、

やっと、頑張り続ける自分を休ませることができるようになったのだろう。

無理しなくていいんだ!だって病気なんだもん。....てね!

 

しかし、こんなに短時間で症状が回復するのだろうか?

MRIの画像をみせて説明されたときは、母の頭の左側、前頭葉に十円玉?くらいの梗塞が確かにあったのに、もちろん、今もその死んでしまった細胞はもとに戻っていないはずなのだが....アルテプラーゼが効いたのだろうか?

まぁ、元気なら、母が少しでも笑えているなら、本当にそれでよい!

 

 

 生命保険大事です。一度見直してみませんか?

 

入院にいくらかかるかの前に....入院費以外にも結構お金がかかるね!

入院4日目。

 

少し時間もたって、色々と冷静に考えると、既になんだかんだとお金がかかっているんだなぁ.....と気が付き始めた。

 

病院から家まで、そして実家まで何往復もしてるので、交通費もばかにならない。

それに、色々とご迷惑をおかけした人たちのお礼などの手土産代。

入院で使う特別な買い物......など

 

やっぱりお金がかかるよね!

 

まだ、何日入院するのか?とか全然先生との話し合いは始まっていないので、

どうなることやら.....

 

入院4日目にして、初めて涙がでてきた.....

緊張続きで奮闘続きで怖くて、少しだけホッとしたのかもしれない。

泣くことは本当に大切。

一度泣いておくと、少し冷静になって元気になれるから。

私は昔から、たまに一人で泣いている。

無理している自分が良くわかるから。

たまに、自分のために泣いてあげるのだ!......なんちゃってな(笑)

 

明日の母は、どんなことが出来てるかな??

 

脳梗塞で倒れると、いくらかかるのだろうか?

母が救急搬送されて三日目。

 

ICUから一般病棟に移った。

私の名前も、孫(私の娘)の名前も思い出したが......

自分の名前だけが、やはり思い出せないらしい。面白い。

でも、考えてみると当たり前なのかも.....

人の電話番号はすぐにわかるのに、自分のうちの電話番号がうるおぼえだったり、

自分の携帯の番号を覚えていなかったりする。それと、同じかなぁ~!!

 

だから、自分の名前より、相手の名前を呼ぶ機会の方がよっぽど多いもんね!

 

時間がたって、色々と考えだすと、この入院でいくらくらいかかるのかな?

そして、明日からリハビリが始まるらしい。

母は、麻痺の後遺症が無かったのだが、歩いたりするテストはまだしていないので、

明日のリハビリは何をやるのか、少し興味深い!

 

母の「何でこんな...まったく~....プン」病院に来てからずっと言っていた言葉も、

今日は一度も聞かなかった!母の中ではすでにリハビリは始まっているのだろう!

すげーぜ!ママちゃま♡

 

今日も長い一日でした!

 

これからは、入院日記になっていくのかな?

 

疲れました。おやすみマンボ!

母が倒れました。

なんとなく予想できたような、できなかったような.....

母がお風呂場で倒れて入院しました。

 

脳こうそくで、意識ははっきりしていますが、自分の名前も私の名前も思い出せません。

 

 

ドラマのような出来事も、ある年齢に達すると、よくあることになってきます。

 

時間が経つにつれ、だんだん倒れた時の状況を思い出せるようになりましたが、

単語が出てこないので、こちらが意思をくみ取ってあげないといけません。

幸い、私の娘が十分にお話ができるようになったのが、ここ2~3年なので、この感覚は懐かしく、思い出そうとする母と候補を挙げ連ねる私で、さほどストレスなく話せます。というか、倒れる前から、あれあれ!とかそれそれ!とかを推理するような会話ばかりだった気がします。

 

びっくりする一日でしたが、これからは違う世界の始まりの気がします。

 

それは、これからゆっくりご報告ということで、お金がかかりそうなので、

ワンクラックお願いします。↓